« DAY-1 七倉ー針ノ木 | トップページ | 真夏の祭典 2015 »

2015年7月26日 (日)

DAY-2 針ノ木ー種池ー扇沢

Img_5635

THE 夏山登山!

右 長野県、左 富山県。

涼風吹き渡る稜線をゆく。

p

Img_5631

おはようございます。

夕方と朝方は一眼レフ持ってきて良かったなぁ〜と感じる時間帯だね。(重たかったけど)

ファインダー越しに風景を切り取りながら歩くことで楽しみが(×10倍)増える。

4時起床。朝飯はカップヌードルとコンビニの梅おにぎり。

コーヒーを飲んでテント撤収。(撤収作業中、またも下のテントに落石してしまった..ごめんなさい)

5:15、針ノ木峠 出発。

p

Img_5641
春スキーでは何度か登った針ノ木岳だけど無雪期に登るのは初めて。
6:30、会社帰りの犀川堤防道路からちょこんと見える針の先に立つ。
針ノ木岳ピーク2820mは大盛況。
さて、昨日に続きマイナールートの縦走開始。
針ノ木岳からスバリ岳まではワイルドなガレと岩場が続く。
p
Img_5647
7:00、スバリ岳2752m
黒部側が切れ落ちたスバリピークはポコンとした凸で雪渓側からは見えない奥まったところにあった。
スキー滑走した斜面はピークよりもずっと手前だった。
p
Img_5649
スバリ岳より振り返り見る針ノ木岳からの縦走路
p
Img_5651
スバリ岳の次なるピーク赤沢岳2678m
標高差200m前後で似たような形をした2600〜2700mのピークが連なる稜線はその都度ちゃんと写真で記録しておかないと、どのピークがどんな名前だったかわからなくなってしまう。
p
Img_5660
赤沢岳ピークから振り返り見るスバリ岳と黒部湖。
p
Img_5664
赤沢岳から望む次なるピーク鳴沢岳2641m 
この赤沢岳⇄鳴沢岳間の地中深くに、関電トロリーバスのトンネルが走っているのよ。
p
Img_5665
でもって鳴沢岳から振り返りみる手前が赤沢岳&ここに至る縦走路
一番奥のピークが朝一番目に登った針ノ木岳
p
Img_5671
このあたりから標高が少し落ちて稜線は緑に覆われてくる。
高山植物の植生は地面に這いつくばったようなものから茎が長く背丈の高い葉っぱの大きい植物となる。
p
Img_5672
p
Img_5675
新越山荘に到着
そのむこうの岩小屋沢岳2630mは今日の縦走ルート最後のピーク。
p
Img_5682
ジェットコースター気分のアップダウンがテンポ良く続く稜線はピークを越えるたびに新たな風景が現れた。
最後のピークを越えて現れた風景は見慣れた後立山連峰。
冷池山荘の屋根がすぐそこに見えた。
はるか20年前、北アルプスを初めて縦走した時のルートが爺ヶ岳〜鹿島槍ヶ岳〜五竜岳。ワンゲル部OBのD氏に色々と教えてもらいながらの山行だった....とても懐かしい。
p
Img_5685
針ノ木〜種池までは立山劔の絶好の歩く展望台。
特に劔岳は小窓の王や三ノ窓が良くみえた。
岩小屋沢岳以降はトラバースやら樹林帯が多くなる。
日は高く、風無く、ズンと疲れが溜まり始めた。
p
Ckzqqpeveaa4sfi
そんなタイミングで種池山荘到着。
種池山荘は生ビールが飲める貴重な山荘だったが、、、
p
今回は事前に金を引き出し忘れ、所持金2000円+小銭での山行だった。
テン泊だしなんとかなるかと思っていたが昨日のテン場代600円、発泡酒500ml600円、水600円と最低限の支出をして残金は490円となっていた。
残念ながら490円では生ビールも缶ビールも買えなかった。
まあ、コカコーラ(350円)はとても美味かったので良しとする。
p
そしてこれにて稜線縦走は終了。
マイナールートも終了。
メジャールートの柏新道をバテバテになりながら下山。
p
 
Img_5695
扇沢の柏原新道登山口に到着。
昨日の朝仕込んでおいたモンキーにまたがり七倉へと戻る。
七倉までのツーリング距離は17km、標高差約500m。
テン泊装備を背負っての自転車戻りだったら、まあ死ぬね。
つかの間のモンキーツーリングは夏の風を感じ夏・風・ライダーの頃を思い出した。
p
おしまい。

« DAY-1 七倉ー針ノ木 | トップページ | 真夏の祭典 2015 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DAY-2 針ノ木ー種池ー扇沢:

« DAY-1 七倉ー針ノ木 | トップページ | 真夏の祭典 2015 »