フォト
2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 白馬稜線の旅 DAY-1(栂池自然園〜白馬岳) | トップページ | 白馬稜線の旅 DAY-3(唐松岳〜五竜〜遠見尾根) »

2013年8月14日 (水)

白馬稜線の旅 DAY-2(白馬岳〜唐松岳)

Img_3659

天空のスカイトレイル

DAY-2:白馬岳〜唐松岳

Img_3577

おはようございます。

.

Img_3584
予報通り雲ひとつ無い快晴!
.
Img_3585
のんびりと支度を整え、
7時に頂上宿舎のテン場を出発。
.
Img_3590
まずは杓子岳を目指します。
.
Img_3600
杓子岳(2812m)ピーク着
8時10分。
取り敢えず杓子尾根を観察しとく
(まず行くことは無いけど)
.
Img_3615
お次は鑓へ。
.
Img_3627
.
Img_3645_2
白馬鑓ヶ岳(2903m)ピーク着
9時20分
ロケーション最高!
.
Img_3640
今まで歩いてきた白馬稜線が見渡せる。
手前がさっき登った杓子岳
奥側、左が白馬岳
そこからずーっと右に辿っていって
写真の切れ目が白乗〜天狗原
.
Img_3647
2013シーズン BEST OF 山スキーで上位ランクする
白馬鑓中央ルンゼを覗き見る。
「ここ滑ったんだよ」と家族の皆様に自慢したら
「はあ?こんなとこ滑ってんの?崖じゃん!」
と呆れられた。
.
Img_3638
さて、これから向かう天狗背陵。
例えるならばアフリカ象とかアナコンダとか、はたまたブラキオサウルスとか
何か超巨大生物の背中を思わせる稜線。
.
Img_3649_2
途中に現れるスカイランチョ“天狗山荘”
旅人が立寄り、喉を潤す天空のオアシス。
.
Img_3654
10時に到着。
ここで大休止
みんなでカレーライスを食べた。
良い雰囲気の山荘でした。
.
さて出発するかと娘の登山靴を見たら、異常発見!
ソールがベロリと剥げかかっていた。
応急処置でテーピングテープをぐるぐる巻き。    
.aマキま
Img_3656
天狗山荘から見た白馬鑓ヶ岳
大出原ビッグスロープ
2012シーズン BEST OF 山スキーで上位ランク
.
Img_3662
後立山へ向かって
ずどーん!
と直球ストレートなトレイル。
.
Img_3665
そして急峻な北アルプスの中にあって
大陸的なユルやかな感じが
.
Img_3667
登山というよりも
旅を感じさせる。
,
Img_3671
やがて天狗の大下り
そして
不帰ノ嶮
.
Img_3672
娘が楽しみにしていたロックセクション登場だ!
.
Img_3674
天狗の大下り
.
Img_3682
ぐるぐる巻き登山靴でそつなく岩場を下ってます。
.
Img_3708
キレット越え
ここは風が無く暑かった。
.
Img_3718
不帰二峰への登り
スリリングな岩登りセクション!
.
Img_3723
娘、水を得た魚!
.
Img_3740
.カエラズ
.
Img_3752
岩を乗っ越して、二峰 北峰に登頂。
かみさんは慣れない大荷物を背負っての苦手な岩登り。
よく頑張りました。
Img_3755
不帰キレット
Img_3757
二峰を過ぎてから唐松までがダラダラと長い。
辛い!
かなりへろへろ
.
Img_3761_2
15時45分、唐松岳(2696m)ピーク着。
.
Img_3762
カエラズ
.
Img_3769
予想通り唐松のテン場は満員御礼で
どこにテント張ればいいってんだ?状態。
最終的にテン場というよりは祖母谷温泉へと降りて行く登山道上にテントを張った。
背中にでかい岩が当たるのと、寝返り打つとテントごと斜面を転がってしまいそうなのとで結局眠れないまま朝を迎える羽目となる。
おやすみなさい(寝てないけど)

« 白馬稜線の旅 DAY-1(栂池自然園〜白馬岳) | トップページ | 白馬稜線の旅 DAY-3(唐松岳〜五竜〜遠見尾根) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白馬稜線の旅 DAY-2(白馬岳〜唐松岳):

« 白馬稜線の旅 DAY-1(栂池自然園〜白馬岳) | トップページ | 白馬稜線の旅 DAY-3(唐松岳〜五竜〜遠見尾根) »